TIPS
2017/05/29

デモトレードの注意点・デメリット3選

デモトレードの注意点・デメリットとは

デモトレードは基本的には必ずやった方がいい仕組みです。しかし、本番環境の取引とは違う点が時にデメリットとなる事もあります。ここではデモトレードのデメリット・注意点と言われている事を3つのポイントで紹介します。

デモトレードの注意点・デメリット3選

デモトレードの注意点・デメリットは、本番環境とデモトレード環境の違いである「無料で本番環境を体験できる」という点から発生します。

デモトレードは仮想通貨!利益は発生しない

デモトレードは仮想通貨を使ってFX取引をするため、いくら元手を増やしたとしても利益は発生しません。基本中の基本ではありますが、必ず覚えておきましょう。

ノーリスクのデモトレードではリスク意識が少ない

デモトレードはデモという言葉からも分かるように、無料で本番のFX取引を体験することができます。
もちろんデモトレードで元手を増やすことができても実際の利益は発生しません。その反対に元手がなくなったとしても損失は発生しません。
このため、ツールの利用方法を知るためには非常に有効な手段となりますが、利益を出す練習としては「実際のFX取引では、元手の変動が実際の利益・損失につながる」という事をしっかり理解していないと、強気すぎる取引スタイル・リスク意識の少ない取引スタイルになりがちです。

デモトレードを行う上では必ずこの点を踏まえて練習を積みましょう。

FX初心者にありがちなミスとしては、デモトレードというリスクのない環境での取引方法をそのまま本番環境に持ち込んで大きく損失を出すというミスがあります。
実際のFX取引環境では、デモトレード環境とは違い「失敗したくない」「もっと儲けたい」という心理が働きます。そのため、本来「損切り」と呼ばれる大きく損失を出さないために、価格下落時の早期に売るという考え方をできずに大きく損失を作ってしまうことがあります。

このようにデモトレード環境と本番のFX環境では心理状況が異なります。それを踏まえた上でデモトレードを利用することで、確実にツールの使い方や市場変動を学ぶことができます。

本番のFX取引前に熱が冷める?

これはデメリットには入らないかもしれませんが、FXになんとなく興味を持ったという人に稀にあるのが、「デモトレードだけで満足する・飽きてしまう」というケースです。

デモトレードでは実際の為替の変動に合わせて取引を体験することができるため、少し興味があるという人は実際に本番環境での取引をする前に飽きてやめてしまうというケースも時々あります。

もし飽きてしまうのであれば、それはそれでいいのかもしれません。
しかし、せっかく本番のFX取引環境で成功するために勉強したのに途中でやめてしまったら、勉強に費やした時間は少しもったいない気もしますよね。

デモトレードの注意点・デメリットまとめ

以上、デモトレードの注意点・デメリットを3つのポイントで説明しました。特に重要なのは最初の二つです。「デモトレードと本番環境では心理状況が異なる」この点を必ず踏まえた上でデモトレードでFX取引を身につけることが、FXで成功するための有効な攻略方法です。